FC2ブログ

つげくわえ さん事前交流会報告

4月20日に行われた つげくわえ さんの事前交流会で つげさんがお話をして下さった内容を一部ご紹介します。


*5月幼児例会 「かばのティリーネック」 の題材について*

このお話を選んだ理由は 図書館で見つけて 絵がキレイだったから、そして内容が 「自分のことだ!」 と思ったからだそうです。コンプレックスから生まれた作品です。

整理ができるのは つげくわえではない
料理ができるのは つげくわえではない
いろんなこと きちっとできるのは くげくわえではない

・・・・と、開き直ることにしているそうです。

自分が自分でよいという 「自己肯定感」 という言葉を学びました。

この劇を観終わった後に 「かばで良かったね」 と帰り道に子どもと幸せの時間を持ってもらいたいとおっしゃっていました。観てのお楽しみですね (^皿^)

質問タイムでは 作品の質問の他に子育て相談も出て、お母さんたちが抱えている悩みや思いをみんなで共感できたと思います。 うるうるしました。

人間関係が希薄になっている今、コミュニケーションがとても大事。子育ては1人ではできない。迷惑のかけあいで子育てをしましょう!と言っておられました。



**参加した方々の感想**

・つげさんの体験をおもしろ楽しく話してもらって聞き応えがあった。人形劇の向き合い方も「つげさんらしい」感じがした。
親の反応を子どもたちは一番見ているというので、例会を心から楽しもうと思いました。
(三ツ沢エリア・あおぞらサークル Mさん)

・子どもに 「自己肯定感」 を持たせよう!とは良く聞きますが、大人も褒め合って、傷つけあって自分を肯定していこうというのは 目からウロコでした。
劇場も、すごい!えらい!と、みんなで褒めてあげましょう
(みなみエリア Tさん)

・今、この時しかない子育て。周りに助けて貰いながら共感しあっていけるおやこ劇場は素晴らしい会なんだなあと改めて感じました。
ママって本当に周りに気を遣い 自分の子育てに自問自答しながら不安でいっぱい。
一見 みんな何も悩みが無さそうで、実は皆頑張って気が張ってる。
泣いてしまったママを抱きしめたくなりました。
(別中エリア・大きい木サークル Aさん)

pinnti-kuwae.jpg
 つげくわえ さん、
 ありがとうございました!
スポンサーサイト



Comments 0