FC2ブログ

親子できこう 助産師さんのいのちのはなし

こんにちはストロベリーサークル所属のumiumiです

12月例会の「あなたがうまれるまえに」を観る前にピッタリの
「親子できこう 助産師さんのいのちのはなし」の紹介をさせてください
親子劇場のブログの中に貴重なスペースを与えてくださりありがとうございます



親子できこう 助産師さんのいのちのはなし
      日時  11月10日
      時間  10時~     (受付9:30スタート)
      場所  金井幼稚園 ホール アクセス方法
      対象  年中・年長児童とその家族  70組(小学生でも楽しめる内容です)
      会費  1家族(何人でも)500円


チラシはこちらからダウンロードできます
      


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段は小学校を回っていのちのはなしをさせてもらっている助産師さん
umiumiもスタッフとして何回か小学校にご一緒させてもらいました
でも・・でもね・・・小学校の授業が終わるたびに
小学校で知るのは遅すぎる~~~!!って思うんです
不思議なことを不思議だと素直に感じられる幼児期にこそ、このはなしを親子できく必要がある気がします
小学生向けのプログラムをお腹の中で過ごす10カ月をメインにして、助産師さんに幼児用プログラムに作り代えてもらいました
新生児人形あり、ドップラーや聴診器などの体験もあり、お父さんへの妊婦ジャケットの体験コーナーもあります

会費は一家族(何人でも)500円です
ご興味のある方は下記アドレスより申し込んでください
当日は必ずチラシをダウンロードしたものをお持ちください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


          inochinohanashi@gmail.com
   名前・連絡先・子どもの年齢・参加人数・この企画を知った経緯を申込時に記載してください
    (10月19日受付スタート。定員に達した場合はメールが届かなくなります。ご了承ください)

     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



このイベントは有志が幼稚園をお借りして開催する個人企画です。
幼稚園にお問い合わせをされないようにお願いいたします
お問い合わせ先電話番号は今月号ふーぷ・または上記チラシに記載されています




・・・・・・・・・・・・・<企画チラシより>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分はどうやってうまれてきたの?誰もが抱くこの疑問に、私たちはいったいどのくらい真剣にむきあったことがあるのでしょう
いつかどこかで、誰かの口から伝えられる前に、優しくあたたかな言葉で、不思議なことを不思議と素直にうけとることができる幼児期の子どもたちに伝えたい。と「親子できこう 助産師さんのいのちのはなし」を企画しました

昨今、青少年の悲しい報道が飛び交う中だからこそ、人間の命は時間をかけて、胎内で大切に育まれてきたこと。自分の誕生は周囲が心待ちにしていた出来事であったこと。そして、何より自分も含めた地球上すべて
の命が、産まれたくてうまれてきた尊い存在であるということ。大人の私たちから子どもたちに一緒に伝えませんか

いのちの誕生に寄り添う仕事をされている助産師さんの話をきき、自分の鼓動・誰かの鼓動を体験として感じることで、心に芽生える確かな自己肯定感は、きっと子ども自身の未来を大きく変えていくことでしょう。

子育てに追われる私たち親たちは、日常生活の中でついつい色々なことを望んでしまいますが、改めて我が子が誕生した日のことを想いだして、その時の愛おしさ、最初に感じた親としての願いとは何だったのかを感じることができたらと思います
スポンサーサイト



Comments 0