FC2ブログ

夜明けの落語 例会報告

3月22日(金) は低学年例会 「夜明けの落語」でした。

まずは、開演前後のロビーの様子をお届けします
開演前のロビー。混んでますね。



こちらでは、ジェスチャーゲームしてます





続いて、二人羽織。
どちらも楽しそうですね〜





そしてそして、終了後のロビー。
感想を書いたら、最後のお楽しみ。
演者さん達と記念撮影です








最後に、会員Mさんより感想をいただきました。
娘さんの感想も間に挟みつつお届けしますので、じっくりご覧下さい。

★☆★☆★☆★☆★☆

我が家の娘と重なって、ウルっときました。帰りの自転車で、たくさん話してくれたんです。嬉しかったなぁ~。。。
子どもの成長を、すっごく感じました。

~娘さん(小1) からの感想~~~
劇をみる前は、ドキドキしてたけど、役者さんがいろんな髪、声、服で、本当に小学生に見えたり、先生に見えたりした。声の大きさ(役者さんそれぞれの)、見ている人の声、みんなの拍手、いろいろあって(それが混ざり合って)劇が面白かった。
暁音ちゃんは、私と同じくらい恥ずかしがり屋だと思った。私もドキドキして、答えは分かってても手をあげられないけど、私は学校のお友達に話し方を教えてもらったりして、支えてもらってる。私も暁音ちゃんと同じスピーチがあったら、がんばってみようと思った。

~~~~~~~~~~~~~~

観終わった後、たくさん感じたことを話す娘をみて、子どもの心に何か残るものがあったんだと思いました。
劇中にもあった「どんなにたくさん喋っている人でも、心の中に言えない、たくさんの言葉がある」と言うように、みんなの心の中にある『言葉』が、今回、娘は劇を観ることで、少し外に出てきたように感じました。
自分がうまく話せないこと、それを友達に支えてもらってること。それで、次こそは、頑張って話そうと思ってること。そんな風に思ってたなんて、全然知らなかったので、びっくりしました。劇を通して、共感することの大切さを改めて感じられた劇でした。

★☆★☆★☆★☆★☆

以上です


ゆかりん@東神奈川
スポンサーサイト



Comments 0