FC2ブログ

3月 〈幼・小 〉例会   『夜明けの落語』


3月22日(金)〈青少年センター紅葉坂ホール 18:00~開演〉で例会『夜明けの落語』があります。
この劇の主人公の暁音は、小学4年生の女の子。
何より苦手なのは、スピーチ、人前で話すこと。
そんな暁音に、5分間スピーチという恐怖の時間が迫ってきます。
さて、暁音は、どうしたんでしょうか、、、!?
題名にもあるように、主人公の暁音は、落語と出会います。
そして、様々な人々との出会い、ふれあい、葛藤なども経験します。
そんな中、暁音は、人生におけるターニングポイントを迎えます。
(これは、劇を観てのお楽しみ、、、♪)
さて、主人公の名前、暁音(あかね)の暁には、下記の意味があります。
"暁=夜明け"
子どもでも、大人でも、何かしら壁にぶつかった時、支えてくれる人・モノ・言葉との出会いがあると思います。
その中で、人はどう思うのか、どうするのか、、、自分は?子どもは?
この劇は、いろんな事を考えさせられ、最後には感動(人生における、1つの夜明け)が待っている内容になっています。
♪プチ情報♪
この劇は、『みうらかれん』さんの本が元になっています。このみうらかれんさん、当時19歳でこの本を執筆されました。現在、26歳!
瑞々しい感性で描かれた内容で、読み進めると、目の前にありありと情景が浮かび、最後には読む人の心に温かく響いてくる1冊です☆
ぜひ、ご一読ください☆☆☆
お子さんも、親も、共感するオススメ本です!!
涙しながら本を1時間半で完読した、、、別中@kana
スポンサーサイト



3月例会おやこ

Comments 0